MENU

古い車の買取は無理?

 

古い車の画像

 

「10万キロ超えているから、無理かな?」
「キズや凹みだらけでボロボロ・・・」
「15年落ちで古すぎるから、誰も買ってくれない?」

 

買い手の立場からすると、正直、買いたくない人が多いです。

 

ですが、諦めないでください!

 

実は、古い車は海外へ輸出したり、修理用のパーツとして利用することがあるため、普通に売れることもあります。

 

※アフリカ&東南アジアへ旅行へ行くとわかりますが、30年くらい前の日本車だらけです(汗)

 

じゃあ、どの業者へ売ればいいの?

 

「とはいっても、どうやって買取店探しをすればいいの?」

 

  • 買取店探しが面倒くさい
  • そもそも探し方がわからない
  • 信頼できるお店ってどこなの?

 

など、面倒&手間がかかります。

 

そこで、無料の一括査定サイトで、まとめて複数の買取店へ見積・査定依頼することで、たった1分で解決します!

 

【今すぐ、無料一括査定をするならこちら】

 

http://a-satei.com/

 

 

ちょっとした”裏技”であなたの愛車の価値を最大限まで引き出す

 

「よし、じゃあ、さっそく一括査定サイトに登録してみようか」

 

ちょっと待ってください!

 

実は、一括査定サイトは1つだけでなく、3つあり、それぞれ加盟している買取店が異なります。

 

【車の一括見積サイト】

  1. かんたん車査定ガイド(※無料)
  2. カーセンサー(※無料)
  3. 楽天オート(※無料)

 

極限まで愛車の査定額をアップさせたい!
のであれば、一括査定サイトも複数利用しましょう!

 

それぞれ特色があり、例えばかんたん車査定ガイドは大手有名店が多く、カーセンサーは地元系密着系のい店舗が多く加盟しています。

 

つまり、一括見積サイトも複数利用することで、より価格競争が激しくなり、高額査定の確率がグンッをアップします!

 

もちろん、一括査定サイトの利用料金はすべて無料ですし、万が一提示額に満足できなければ見送ることも可能です。

 

このサイトがきっかけで、あなたの車が少しでも高く売れることを期待しております!

 

※今回は古い車の査定のため、複数の査定サイトの利用をおすすめします。

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

かんたん車査定ガイド

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計

 

 

http://a-satei.com/

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

カーセンサー

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する総合自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://carsensor.net/

 


 

楽天オート(※完全無料)

 

楽天オート

 

≪特徴≫

 

@車売却で楽天1500ポイント付与!
A大手ショッピングモール楽天が運営
B初心者にやさしい

 

 

http://rakuten.co.jp/

 


 

 

TOPへ

 

 

古い車買取Q&A

 

古い車

 

車買取 VS 下取り どっちがオトクなの?

 

大抵の場合愛車を手放す時には車買取を利用するか、下取りに出すことになります。どっちも売却という形には変わりありません。

 

しかしその額となると話は別です。車買取と下取りの差異は任せる相手の違いになります。言い方を変えれば中古車専門店に依頼するか、ディーラーに一任するかということです。

 

ではどっちが高くなるかと言えば断然専門企業でしょう。それは競争原理が働いているかにかかっています。

 

中古車市場の車買取には多くの参加者を有しているのが特徴です。それは売り手ばかりではなく、買取りたい企業も大勢言います。

 

そこで少しでも条件を良くしてユーザーを繋ぎ止めたいという思惑が働くものです。こうした健全な競争こそが消費者へも利益をもたらしてくれます。

 

一方ディーラーの下取りには周囲にライバルがいるわけでもありません。知り合いとしての個人的な付き合いも少なくないため、閉鎖的なやり取りになることもしばしばです。

 

このため本当の適正価格も知らずに買い叩かれるケースが頻発しています。たとえ知人に任せたい場合でも、インターネットで標準的な相場を知ることが大切です。一

 

括査定なども活用することが大切な愛車の価値を高めることに繋がります。

 

 

10万キロ&10年落ちの自動車でも買取は可能?

 

中古車は一般的に10年落ち・10万キロで廃車と言われています。

 

現在の車は性能があがってきているので整備をきちんとしておけば10年以上・10万キロ以上でも問題なく走ることはできますが、多くの方は処分を考えるでしょう。

 

自動車は廃車にするような状態が悪い車でも買い取ってくれる業者があるので10年落ち・10万キロだから買い取ってもらえないということはありませんが、買取価格は期待できません。

 

それでも値段が付くだけマシですよね。

 

できるだけ高値で売りたいのなら買取業者を比較してみることをおすすめします。

 

複数の買取業者に査定依頼をして、その中で高値を付けてくれた業者に売りましょう。

 

業者が欲しがるような車であれば、他社の買取価格を引き合いに出して価格を吊り上げることもできます。

 

どこも買い取ってくれないという場合でも探してみれば無料引取りをしてくれる業者も存在します。お金を出して自分で処分するよりは無料でも引き取ってもらった方が得です。

 

買い取った車は国内で中古販売の需要がなければ海外で販売されます。海外でも販売出来ない場合は必要なパーツをリサイクルにまわします。

 

そのため、故障等の大きな問題がなければいくらかでも買値はつくでしょう。

 

タイミングベルト交換時期はいつごろ?費用はどれくらい?

 

車に異常が起こる前は何かしら前兆や兆候がみられるのですが、タイミングベルトはある日突然破損することもあります。

 

タイミングベルトはエンジンのピストン往復運動を回転運動にするクランク機構の回転軸であるクランクシャフトと吸気バルブを開閉させ、
回転を伝達しやすうように複数の気筒分のカムをまとめた「カムシャフト」とを連動させる重要な部品です。走行中にタイミングベルトが切れるとエンジンが停止してしまい、車にもダメージがあるのは勿論ですが、重大事故にもつながりかねませんので注意が必要です。

 

いつ交換したら良いのかわかりにくのですが、エンジンまわりからキュルキュルといった音がしだしたら交換時期です。音がしなくても走行距離が約8万キロから10万キロになったら交換時期といわれています。

 

費用はどれくらいかかるのかも気になります。タイミングベルトの部品自体は3,000円から5,000円と安価ですが、
工賃が平均で2万円前後ですので、部品代とあわせて3万円以上となります。その他周辺部品も合わせて交換の場合10万円以上かかることもあるようです。工賃はディーラーでもカー用品店でも整備工場でも大差ないようです。

 

急発進や急ブレーキなどの乱暴な運転はエンジンベルトに負担がかかります。安全運転で、冷却水やエンジンオイルを適正な時期に交換するとタイミングベルトの損傷を防げるようです。

 

一括査定サイト@メリットとデメリットは?

車買取の一括査定サイトは申し込みをするだけで、数社の業者から連絡をもらうことができる便利なサイトです。

 

メリットはまず一度の申し込みで多くの会社に連絡ができることであり、車を売却したい方の手間や時間を省くことができる点です。

 

一括査定サイトによっても取引ができる業者の数には違いがありますが、簡単な情報の入力だけで済みますし24時間いつでも査定依頼ができるので忙しい方にも便利なシステムです。

 

一括査定の申し込み後は査定したい業者から個別に連絡がきますので依頼者の都合に合わせて査定日や時間を決めることができます。

 

業者によって異なる車の買取価格を比較したい時には数社から査定してもらうことが条件となりますので、一括査定サイトは非常に役立つものとなります。

 

その一方でデメリットもいくつか出てきてしまいます。まず一括査定サイトは申し込み時に利用したい業者を選択することができません。

 

そのため査定をお願いしたくない業者にも情報がいってしまうため連絡が入ることもあるのです。その場合依頼者の方で査定を断ることになるのですが、

 

業者によっては数回連絡を入れてくることもあります。査定を依頼しない業者にははっきりとその意思を伝えることが大切です。"